バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

ザ・戊辰研マガジン

2019年2月号 vol.16

星亮一先生にお会いして来ました!

2019年02月01日 16:49 by minnycat

 1月27日は戊辰研の新年会で上京して来ました。日帰りで慌ただしかったのですが、関東の友人たちとも久しぶりに会えて充実した一日でした。晴天で素晴らしい富士山とも出会えました。

 午前中は東京駅近くの三菱一号館美術館で「フィリップス・コレクション展」を見学、なんとこの美術館は1921年に、NY近代美術館より早くアメリカの近代美術館を扱う最初の美術館として開館しました。こちら倉敷の大原美術館に成り立ちが似ています。

 ボナールの作品が多くあり、ファンとしては必見ですね。これは休憩室に展示されてあるコピーです。実物大ですね。

 三菱一号館美術館は東京駅のすぐ近く、正面玄関は緑の公園のようになっていて楽しめます。

 

 それから、八重洲ブックセンターで歴史作家の星亮一先生とお会いし、いろいろなお話をさせて頂きました。とても、お元気でした!最新作「呪われた戊辰戦争」を持たれニッコリされておられます。

 東京駅に向かう途中にかわいいワンちゃんとも出会えました。

 それから新橋にある新年会の会場へ、46階らの素晴らしい眺めも楽しみました。充実した一日でした。

 

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十二】箱館(二)

2019年12月号 vol.26

会津藩校「日新館」を巡る

2019年12月号 vol.26

萩市長会津若松市政120周年式典出席~幕末の会津VS長州の対立 「交流始める第一歩に」

2019年12月号 vol.26

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...