バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

ザ・戊辰研マガジン

2019年2月号 vol.16

今日の倉敷散歩

2019年01月31日 18:38 by minnycat

 

1月2日の倉敷美観地区にある阿智神社の初詣風景です。元旦には晴れ着姿の方が多かったですが、二日目はほとんど見受けられず、残念でした。

 司馬遼太郎の定宿だった「旅館くらしき」です。「街道をゆく」の倉敷編に出てきた名物女将も既に老人ホームへと入られました。お元気な時は、よく自転車に乗られていてすれ違いました。真っ赤な口紅を付けられてキリリとした活動的な女将さんでした。

 右手の観光案内所は今年の8月までリニューアル工事中です。大正時代の築で元は役所でした。

 阿智神社への石段、「ブラタモリの倉敷編」でも、タモリさん、頑張って登っておられました。ロケは早朝の7時からしていたそうです。友人はしっかりと終わるまで見ていたそうです。

 美観地区のちょうど真ん中、一番、雰囲気が出ている所です。

 年間、結構のコスプレ大会があるようです。私が行きました時も、その最中、お一人、モデルになってもらえました。

 みなさん、夢中で着替えたりモデルになったり、、見ていて楽しいひと時でした。新選組の法被を着ています。やはり人気があるのですね。

 かわいいワンちゃんたちともすれ違いました。

 私の一番のお気に入りの、美観地区一本道を入った裏通りです。この道を仲間由紀恵さんや今は亡き長門勇さんが歩いてCMに出てきておられましたね。「三匹の侍」など剣劇でご活躍された長門勇さんは、倉敷のご出身、実は拙宅は薬屋ですが、二度ほど、来店して頂きました。

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十二】箱館(二)

2019年12月号 vol.26

会津藩校「日新館」を巡る

2019年12月号 vol.26

萩市長会津若松市政120周年式典出席~幕末の会津VS長州の対立 「交流始める第一歩に」

2019年12月号 vol.26

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...