ザ・戊辰研マガジン

2018年12月号 vol.14

倉敷美観地区、散歩、2018-11月

2018年12月05日 17:11 by minnycat

11月の倉敷美観地区・散歩です。

まだ紅葉は始まっていませんでした。

お蔭様で水害の影響も全くなくなり、透明感の増した倉敷川に白鳥もゆったりとくつろいでいます。

晩秋の雰囲気、満点ですね。

この通りは美観地区の外縁の「東町通り」です。真ん中あたりに小児科医があり、幕末、森田節斎という儒学者が塾を開いていました。彼を頼って吉田松陰も来ています。

この通りは私の大好きな小路、、左手が重文の大原家本邸です。

散歩の後は、この大きな猫ちゃんがいる喫茶店で一服です。

 

関連記事

【都内、幕末維新史跡・九】会津藩江戸屋敷

2018年12月号 vol.14

コーヒーブレイク「種々の小さな話」

2018年12月号 vol.14

今月の読書!

2018年12月号 vol.14

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年11月号 vol.13

戊辰戦争研究会が発行するマガジン、「戊辰研マガジン第13号」です。

2018年10月号 vol.12

戊辰戦争研究会が発行するマガジン、「戊辰研マガジン第12号」です。

2018年09月号 vol.11

戊辰戦争研究会が発行するマガジン、「戊辰研マガジン第11号」です。