バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

2020年1月号 vol.27

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご高配を賜り、誠にあり...

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

ザ・戊辰研マガジン

2018年11月号 vol.13

「秋祭」だよ、倉敷美観地区!

2018年10月30日 19:49 by minnycat

 10月20・21日は私の住む岡山「倉敷美観地区」の秋祭でした。水害の被災地・真備に近く、被災当時は観光客も少なく心配していましたが、お天気も良く、多くの観光客に恵まれ盛況となりました。若人たちの活気ある叫び声が轟いています。

 三女神さまの登場です。いよいよ、祭の行列がスタートです。

 【阿智神社の三女神】

 倉敷美観地区の山の上にある「阿智神社」でお祀りされている宗像三女神を具現化した彼女たちです。 古の海の道の名残でしょうね。神功皇后、卑弥呼などにも通ずるご祭神です。 美観地区は陸地でしたが、すぐそばまで海でした。ですので、美観地区に「かまぼこ屋」が未だに数軒あります、駅前にある拙宅など海の底でした。

 三女神様たちの 活動内容は、秋の大祭(10月)、お正月、春祭り(5月)、夏祭り(8月)等のお祭りの際に舞をまわせて頂きます。 お正月には鏡開きをはじめ、お神酒やお屠蘇の振る舞いも致します。 主な活動期間は、10月の秋の大祭から8月の夏祭りまでが任期です。 三女神にオーディションはなく、スカウトされるか、どなたかの推薦でという方がほとんどです。 生きているうちに女神になれるというのも貴重な経験で嬉しいとのことです。 お役目を頂いて、日本のはじまりや日本の心などを改めて考えるきっかけにもなりましたとのことです。 【阿智神社】 http://achi.fem.jp/

 

 上の画像、左手に祭りの行列が見えています。街角には巨大な生け花も見受けられます。すごい迫力ですね。

 一筋、道を入ると静かです。遠くに和装の女性が見えますね。

 今回の私の仕事は、商店街にある行列の休憩所のお茶出しです。三百人のみなさん、、お疲れ様でした!

 休憩所まであと少し、頑張ってくださいね。

三女神さまの舞も観ることができます。優雅ですね。

 皆さん、お疲れ様です。神社への帰りはもう少しです。

獅子舞は高校生、、可愛かったです。

さて、祭も終わり、、お疲れ様でした。また、来年もよろしくお願い致します。

 

関連記事

【幕末維新折々の記・二】七卿落ち

2020年02月号 vol.28

戊辰戦争後の松平容保公と松平家当主の変遷

2020年02月号 vol.28

熊本 幕末明治史跡と世界遺産紀行その3 

2020年02月号 vol.28

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

2020年1月号 vol.27

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご高配を賜り、誠にあり...

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...