バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...

ザ・戊辰研マガジン

2018年09月号 vol.11

倉敷美観地区から、、

2018年09月01日 20:21 by minnycat

去りゆく夏を惜しむ、倉敷美観地区、、暑い夏もやっと去ろうとしています。

今年の夏は水害があり、美観地区から北へ6キロ当たりの地点で61名の方が亡くなられました。知人宅も一階の天井まで濁流が来て、すべて流されたそうです。心痛みます。復興へ、、力を合わせたいと思います。

大原邸の蔵前を人力車が通って行きました。

黄土色の建物は、大原家の別宅です。祝日などに公開してくれます。今は、クラレの所有です。

今年の春から公開されている大原家の本邸です。

倉敷川も透明度が戻って来てくれました。正面は民芸館です。

倉敷は江戸時代は天領で、代官屋敷がありました。今は、アイビースクエアーとなっています。これは代官屋敷の井戸、、探せばこのような遺構があります。勿論、井戸は枯れています。

透明度が戻り、鯉やフナがはっきりと見えます。ハトも楽しそうに覗き込んでいました。

関連記事

【幕末維新折々の記・二十八】本宮(もとみや)

2022年05月号 vol.55

【幕末維新折々の記・二十九】横浜・関内(その1)

2022年05月号 vol.55

【新真実】松平容保の御宸翰 明治天皇提出は秋月悌次朗の人脈だった

2022年05月号 vol.55

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...