バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…

ザ・戊辰研マガジン

2018年08月号 Vol.10

みちこの幕末ちよっと寄り道

2018年07月26日 18:26 by minnycat
2018年07月26日 18:26 by minnycat

ここ数年の、幕末に関する本や、ニュース、新聞記事などをご紹介いたします。

「井深八重の生涯を本に ハンセン病患者の看護に尽くす 」

 郡山市の国際女性教育振興会県支部相談役の星倭文子さんは14日までに、旧会津藩士で明治学院大総理を務めた井深梶之助のめいで、大正から昭和時代にハンセン病患者の看護に尽くした井深八重の生涯を伝える「会津が生んだ聖母 井深八重―ハンセン病患者に生涯を捧げた」を出版した。星さんは「どんな逆境にもめげず、苦しんでいる人の看護を続けた八重の生き方から多くのことを感じ取ってほしい」と話した。 井深八重は、1897(明治30)年に井深梶之助の弟・井深彦三郎の娘として誕生。ハンセン病患者の看護に生涯をささげた。患者から「母にもまさる母」と慕われ、1966(昭和41)年に勲五等宝冠章を受章。89年に92歳で亡くなった。 星さんは、昨年4月から八重の生涯を研究しながら、執筆を始めた。多くの関連資料を基に、女性史の視点から八重の人生の歩みを多角的に捉え、同本を書き上げた。 星さんは「八重は会津を訪れることはなかったが、その生き方は、会津の魂を受け継いでいた。今を生きる私たちに、八重から学ぶことは多い」と話した。 歴史春秋社から出版。定価1500円(税別)。 福島民友新聞2013年 11月15日

関連記事

【幕末維新折々の記・三十二】京都・将軍塚の大舞台

2022年08月号 vol.58

土方歳三の愛刀「和泉守兼定」福島県内初公開(「新選組展2022」7/23開幕)

2022年08月号 vol.58

江戸幕府老中 板倉勝静の書状発見 高梁・山田方谷記念館で公開

2022年08月号 vol.58

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…