バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

2020年1月号 vol.27

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご高配を賜り、誠にあり...

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

ザ・戊辰研マガジン

Vol.7

2018年、倉敷美観地区 桜まつり

2018年05月02日 17:51 by minnycat

既に散ってしまいましたが、倉敷美観地区の今年の桜の風景をご覧ください。左手が大原美術館、右が重要文化財の大原家本邸です。本邸も公開されて見学できます。

大原家の本邸前の倉敷川です。今年はヒナ誕生はなかったですね。残念です。

大原家本邸です。倉敷川の裏側の小路です。なまこ壁が美しいですね。これらの建物はすべて蔵です。数年前に特別に内部を見学させて頂きました。巨大な犬小屋がいくつもありました。昔は、セコムもなかったですからね。

左手の建物が大原家の別荘です。今はクラレの所有です。祝日などの休日に公開されています。和洋折衷の素晴らしい建物です。昭和天皇も泊まられました。この橋も、昭和天皇が皇太子の時に来られた時の記念の橋です。大正十四年築、土台はコンクリートでできています。

美観地区の倉敷川の真ん中の橋から写しています。川舟の船着き場が見えます。

美観地区の東町の通りです。左手の建物は、吉井旅館といいまして、江戸時代からの建物です。一番古いのが国指定重要文化財の井上家住宅で、今、倉敷市が買い取り工事中です。江戸中期の建物です。土台から手を入れていて、後、数年かかるようです。完成が楽しみですね。

関連記事

【幕末維新折々の記・二】七卿落ち

2020年02月号 vol.28

戊辰戦争後の松平容保公と松平家当主の変遷

2020年02月号 vol.28

熊本 幕末明治史跡と世界遺産紀行その3 

2020年02月号 vol.28

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

2020年1月号 vol.27

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご高配を賜り、誠にあり...

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...