バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

ザ・戊辰研マガジン

Vol.4

2018年、1月の読書中!

2018年01月20日 09:58 by minnycat

●「天誅組ーその道を巡る」、二十年来の親友あいこはんこと、舟久保藍さんの最新刊、本を手に天誅組を巡りたい!! 画像もたっぷり、とても読み易いです。

●「限りなくシンプルに、豊かに過ごす」、買えても、買わない。時には大声を出す。後でやろうとは思わない。一歩退く。他人を非難しない。笑顔で気持ちを整える!

●「大坂 民衆の近代史」、江戸時代、大坂の「褒賞」の記録を読み解くと、病に倒れた親支え続けた子ら、没落した主人を支え続けた奉公人など名もなき人たちのドラマが見えてくる。

●「手放すほど、豊かになる」、少しの物しかなくても、それらと強い縁で結ばれているのが幸せ!

●「日本軍兵士」、310万人もの犠牲者、その九割は1944年以降と推定される。敗色濃厚の時期以降のアジア・太平洋戦争の実態を追う。

●「血管ストレッチ」、根を詰めて仕事をしている時こそ「フーーッ」と一息深呼吸!

関連記事

【幕末維新折々の記・二十二】旧米沢高等工業学校本館

2021年10月号 vol.48

2021年戊辰戦争殉難者慰霊祭開催

2021年10月号 vol.48

会津おやじのブログ、その4

2021年10月号 vol.48

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...