バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

2019年09月号 vol.23

2019年の夏もジリジリと太陽が照りつける暑い時が続いています。 かつての...

ザ・戊辰研マガジン

vol.2

戊辰戦争研究会アルバム④

2017年12月13日 22:14 by date

「白石神社」
札幌市白石区本通14丁目北1-12
明治5年 創建

 伊達藩白石領の武士たちが移住開拓したのは札幌に近い白石村である。
この地を開拓した白石の開拓民達の心の拠り所として、郷里との連続性と
精神統一を図り「白石神社」が創建された、当時は出身の藩主を祀った
神社が多かった。白石神社は当然に藩の始祖・片倉小十郎が祀られていると
おもいきや、なんと当時の開拓史・岩村通俊公が白石村守護産神士として
祀られている。

平成28年5月 撮影者 伊藤 剛

関連記事

戊辰戦争研究会アルバム③

vol.2

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

2019年09月号 vol.23

2019年の夏もジリジリと太陽が照りつける暑い時が続いています。 かつての...