ザ・戊辰研マガジン

創刊号

おいしい東北の日本酒②

2017年11月14日 22:21 by date

 
 宮城県には日本三景の景勝地「松島」がある。
松島湾に浮かぶ島々を巡る観光船は松島観光の目玉だ。
 秋田県にも松島に四適する景勝地がある「象潟」(きさかた)である。
象潟は紀元前に鳥海山が噴火して、大規模な山体崩壊により日本海に流れ込み
多くの島々が出来上がった。
 その様は「東の松島、西の象潟」とも呼ばれ松尾芭蕉の俳句にも詠まれた。
しかし約200年前の象潟地震で海底が隆起し陸地化した、その後本庄藩の水田開発
により水田の中に浮かぶ島々となった。
 その西の松島と言われた象潟の日本酒が「飛良泉」(ひらいずみ)である。

株式会社飛良泉本舗
      秋田県にかほ町平澤中町59番地
      創業 1487年

 酒蔵の飛良泉本舗は、500年の歴史があり秋田県では最古の酒蔵である。
そしてまた日本でも3番目の歴史を持つ酒蔵でもある。
 ちなみに、古い順から記載すると
    1位、茨城県友部町「須藤本家」 1141年創業
    2位、茨城県石岡町「藤田酒造店」 1462年創業
    3位、秋田県にかほ市「飛良泉本舗」 1487年創業
「飛良泉」は海辺近くの酒蔵であるために、仕込みはミネラルを含んだ硬水で、
自然のままに造る山廃仕込みの製法で、大量生産せず宣伝も営業もしていないという。
 こういう東北のお酒に目を向けて、自分の酒として自慢できる感性(人生)に喜びたい。
肝心の「飛良泉」を常温で呑んだ感想は・・私は東北人で朴訥なために一言で言います、
「うまい」。

 

関連記事

ザ・戊辰研マガジン発刊のご挨拶

創刊号

備前岡山と龍馬       

創刊号

柴五郎と鈴木光子

創刊号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。